残留農薬の危険性

Share on Facebook
LINEで送る

残留農薬の危険性を避けるなら、無農薬、無肥料の自然栽培の食材を

g-04-01

食の安全を考えるのでしたら、残留農薬について把握しておく事も大切です。現在では食べ物の栽培を楽にして安定した量を収穫できるように、ほとんどの食べ物が農薬を使用して作られていますが、その農薬が食べ物に残ったものを「残留農薬」と言います。

この残留農薬が発生する原因として、出荷農家の管理体制など様々な理由が考えられますが、主な原因は農薬が消えるまで時間がかかってしまう事が挙げられます。したがって農薬を使用した後すぐに出荷してしまうと、農薬が綺麗に消えず農薬が残ってしまうのです。残留農薬がついた食材を知らずに食べてしまうと、すぐに影響を感じる事はありませんが毎日の食事によって体内に蓄積されると、めまいや吐き気・だるさなどを引き起こす農薬中毒症状を引き起こす危険が高くなります。

そのため、残留農薬が心配される食材を使う時にはしっかりと洗い、少しでも残留農薬の量を減らす事が必要不可欠です。また本当に食の安全を考えるのであれば、農薬や肥料を使わない無農薬・無肥料栽培の食材をおすすめします。

自然栽培でレモンを栽培する「国広自然栽培農園」は瀬戸内海のレモンに適した気候の中、農薬・肥料を一切使用しない無農薬・無肥料の栽培を実施中
~食の安全を重視する方にもおすすめ!~

g-04-02

自然栽培でレモンを栽培している「国広自然栽培農園」では、安心・安全な物を届けたいと言う想いから瀬戸内海のレモンに適した気候の中、農薬を一切使用しない自然栽培・無農薬・無肥料の栽培を行っております。

そうして手間暇かけて作ったレモンだからこそ、食の安全を重視する方にも自信を持っておすすめできる品となっています。

自然栽培のレモンを購入するなら「国広自然栽培農園」の通販を
~国産の証でもあるおすすめのグリーンレモンもご用意~

自然栽培でレモンを栽培している「国広自然栽培農園」のレモンは、通販にてご購入頂けます。10月から12月の期間中であれば、国産の証とも言われているグリーンレモンも産地直送でお届けいたします。

早熟なままお召し上がり頂くグリーンレモンの収穫は、通常10月から12月。1月以降はレモンが熟してしまうため、配送時間が短い国内のお客様にしかグリーンレモンはお届けできません。サイト内にてグリーンレモンの特徴やレシピ、保存方法などもご紹介しておりますので、よろしければご覧ください。

お役立ちコラム
レモンの香りでリフレッシュ
レモンを「瀬戸内海」周辺が産地のものをお探しなら「国広自然栽培農園」の通販で!無農薬、無肥料の自然栽培にこだわって栽培 | 瀬戸内のレモンを購入するなら
オーガニックは安全な食品を作るだけではない
レモンは「瀬戸内海」周辺で育った国産・レモンの通販「国広自然栽培農園」で | レモンは瀬戸内海の大崎下島が産地のものを
食の安全を考える大切さ
レモンなら自然栽培・無農薬・無肥料にこだわった国産・レモンの通販「国広自然栽培農園」でご注文を | 自然栽培のレモンを購入するなら
残留農薬の危険性
自然栽培のレモンなら期間限定のおすすめ「グリーンレモン」も扱う瀬戸内海の大崎下島にある「国広自然栽培農園」の通販で | 自然栽培のレモンをお求めなら
農家から直接食材を購入するメリット
無農薬、無肥料、自然栽培のレモンは贈答用にもおすすめ!瀬戸内海の大崎下島にある「国広自然栽培農園」は産地直送のレモンを通販にてお届け | 無農薬のレモンを注文するなら
フルーツは新鮮なものがおすすめ!
レモンは無農薬・無肥料の「オーガニック」栽培にこだわった「国広自然栽培農園」の通販で | 無農薬のレモンを取り寄せるなら
自然栽培のみかんの特徴とは?
自然栽培のみかんを通販でお求めなら無農薬、無肥料の自然栽培にこだわりを持つ「国広自然栽培農園」へ | 自然栽培のみかんを通販で購入
収穫時期によって変わるみかんの味と呼び名
自然栽培のみかんは贈答用にもおすすめ!「国広自然栽培農園」では産地直送のみかんを通販にてお届け | 自然栽培のみかんを注文するなら
みかんの皮は捨てずに再利用!
無農薬、無肥料の自然栽培みかん(国産)を通販で購入するなら「国広自然栽培農園」オンライン・ショップのご利用を | 無農薬のみかんをお求めの方へ
みかんを長持ちさせる保存方法
無農薬、無肥料、自然栽培のみかんはギフト用にもおすすめ!瀬戸内海で美味しく育ったみかんは「国広自然栽培農園」 | 無農薬のみかんを購入するなら